過去のおっさん

あの日のわしは何色?
2012・12・28~2013・12.22
2001/1/22~3/31  2001/4/2~5/31    2001/6/1~7/31   
2001/8/1~10/31   2001/11/1~2002/3/30 2002/4/1~6/30  
2002/7/1~9/30   2002/10/1~12/31  2003/1/1~3/31
2003/4/1~6/30 2003/7/1~9/30  2003/10/1~12/31  
2004/1/1~6/30  2004/7/1~12/28  2005/1/1~12/28  
2006/1/1~12/29
  2007/1/5~12/29  2008/1/4~12/30  
2009/1/1~12/28  2010/1/4~12/24  2011/1/2~12/29
2012/1/1~12/22

2012.12.28(金)

 謹賀新年!


 と言うてる本日は、まだ2012年なのだが、今号は新年号なので、とりあえずはまず、

 謹賀新年!


 で、年末も押し詰まったギリギリのギリで更新しました、「別冊さかむけ本通り・VOL.120  怒涛の読破録・先月これだけ読みました 2011年11月の読書や山や百人一首やら…の巻」
 今回の読破人は、えいみさん、法螺さん、小牧さんに、わし。

 2012年の、わし的総括の中で、最も衝撃的だった出来事は……とある「初体験」だった。

 あれは、11月の阪急京都線。
 夕暮れに桂駅から乗り込んだ梅田行き特急は、秋の行楽帰りの客もあり、かなり混んでいた。
 で、車両の中ほどに進んで、つり革につかまっていると。前に座っていた若い男が、わしに向かって「どうぞ…」と立ち上がるのである。

 戸惑った。

 「あ…いや…えーですよ…」

 固辞したものの、若者はなおも「どうぞ、どうぞ…」と自分の座っていた席を指し示し、譲らない…って、いや、あの譲られてんのだけど。

 しつこく固辞するのも「大人気ない」とも思って、「あ…じゃ…どうも…ありがと…」と座ったのだが…

 梅田に着くまで、どうにもケツのあたりが落ち着かなくて困った…のだが…

 わしゃ、そんなに歳食って見えるんでしょうか…?

 それとも、よほど疲れた顔をしていたのか…?

 ともかくも、衝撃的な「初体験」なのでした。

上に戻る トップページに戻る

2013.1.12(土)

 昨年暮れの更新から2週間ぶりとなる本日は、実は本年最初の更新にて、告知板に、京都・トランスポップの今月のイベント「かせさいだぁ&本秀康『レコジャケ観光』展」の御案内。
 1月10日(木)から2月3日(日)まで。もう始まってます。

 ところで、上の「今月の風景」は、これまでのものを、実はここに残してある。
 以前は、最初のものからず~~~っと1ページに保存してたのだけど、あまりに重くなり過ぎたので、年度別に仕分けしたのだった。

 で、その「風景」の場所、以前「営業」で関西一円をまわってたころには、奈良や滋賀県、大阪も河内方面とか泉州、兵庫県では播磨とか、ときに関東にも及んでいたのだが、ここ数年は、京都・大阪・神戸と、自宅のある西宮・尼崎界隈に限定されてんのに気がついた。
 足取りまるわかり、ですね。

 写真を撮るに際して心がけてんのは、「旅人気分」。
 例えば、通勤の行き帰りの電車を、どこか途中の駅で降りてみる、あるいはひと駅かふた駅乗り越してみる。

 初めての場所でなくっても、そこを、まったくのエトランゼ気分で歩いてみると、なんか気になる風景が、ふと目に付いたりもするのです。

 いつも使う駅から、いつもとは違う道筋で歩いてみても、そんな風景に出会ったりもする。

 ほんの10分…か数十分の旅だけど、「旅」てのは、金をかけずに、結構気軽にできるものなのですね。

上に戻る トップページに戻る

2013.1.19(土)

 映画『一枚の葉書』を、見た。
 昨年、100歳で逝った映画監督・新藤兼人が、98歳だった2010年に制作した「遺作」。

 以前、NHKで、この製作現場と「98歳の現役映画監督」を追ったドキュメンタリーを見てから、映画本編も見たいと思ってたのだが、ようやくに、DVDでだけど見られました。

 ドキュメンタリー見たときには、孫娘の押す車椅子で現場に現れるや、それまでの、「おいおい…大丈夫か…(この人そのまま連れ出したら死んでまうんとちゃうか…)」という風情から一転、背筋は伸び、目は爛々と輝きだす様に、「執念やなあ」と思ったものです。

 実際、「執念」だった、とのこと。
 とにかく、「この映画を撮らずに死ねるか」の思いが、強くあったそうです。

 で、その執念と迫力は、画面からもびしばしと伝わってきます。
 皆様にも、ぜひともオススメ。

上に戻る トップページに戻る

2013.1.27(日)

 増刊さかむけ本通り「怒涛の読破録 先月これだけ読みました・2012年師走の読書や登りたい山や駅伝やら」本日アップ。
 読破人は、えいみさん、小牧さん、法螺さん、それとわし。

 「風景」は、梅田。
 歌は、ここでふと、ボールペンの換え芯を買わねばならなかったのを思い出したのだけど、どこで売ってるのか途方にくれたときのこと。

 梅田の街は、昨年、JR大阪駅に続いて、ようやっと阪急百貨店の建て替え工事が終わってひと息ついたと思ったのもつかの間、今度は、写真の左端に写っている阪神が建て替えなんだそうだ。
 大阪駅北口は、まだトンカンやってるし、西宮のうちの傍では、阪神電車の高架工事が真っ最中で、阪神は東灘あたりと三宮駅もいまだ工事中だし、いったいこの数年、「工事をやってない街」てのを見たことがないような気がする。

 かつて梅田の街は、てんでに地下街が増殖し、その地下街路が輻輳するさまが「梅田地下ラビリンス」と呼ばれていたが、今や地上も、ビルからビルへと二重三重に通路が重層して錯綜し、こちらも「ラビリンス」の様相を呈しつつある。

 JR大阪駅から阪神電車に乗り換えるのに一番早い経路は、ホームから一旦3階連絡通路へ上がって改札を出、大丸のビルを突っ切って、2階から地下への直通エスカレーターで降りるのが、一番早い…とは、つい最近発見したのだった。

 ボールペンの換え芯は、紀伊國屋の文具売り場で、買うことができた某日、なのでした。

上に戻る トップページに戻る

2013.2.2(土)

 梅田で便所なら、阪神百貨店地下2階、そうです、電車のホームと同じ地平の、その改出て右手、「フードテラス」の便所が、親切なのです。

 個室には、↓こんなでっかいフックがあって、荷物が多いときや大荷物でも安心。



 「お子様便座」も完備で、お子様連れにも親切設計。



 便器はもちろん、ウォシュレット。



 それに、阪神、阪急、大丸、三越伊勢丹と、「デパート戦争」タケナワの梅田では、どのデパートもトイレは充実装備できれいなのだが、いかんせん、百貨店のトイレは10時にならないと開かない。
 が、ここ「フードテラス」は、朝8時から営業してンのだ。

 過去、ここのトイレで朝、何度「救われた」思いをしたことか…

 梅田地下のトイレには、断然、「フードテラス」がオススメ、ですぜ。

上に戻る トップページに戻る

2013.2.10(日)


 そーなのだ。
 こちらへ越してきて、なにに一番びっくりしたか、と言えば、「坂道がない」ということなのだった。
 どこまで行ってもまったいら。
 「坂」もあるにはあるが、それはたいていの場合、堤防へ登る坂、だったり、「橋の前後の坂」だったり、陸橋だったり、要するに、「坂」のほとんどは「人工物」で、自然の坂道というものは、ほとんど…というより一切ない。

 こんなに平らな場所に暮らすのは、東京以来なのだが、しかし、わしの住んでた東京・世田谷…要するに関東平野は、「平野」とは言えかなり起伏のある土地ではあったので、坂道は、そのあたりに一杯あった。
 なにより、世田谷、杉並、あるいは目黒区、大田区でも、「坂」とか「谷」のつく地名がやたらと多かったしね。

 それと比べると、ここ西宮市南部は、もうほんとに、まったいら。

 その故かどうか、ここでは、自転車に乗る人がやたらと多い。
 自転車だらけ。

 以前の神戸市北区なんて、自転車は、一番役に立たない乗り物だった…なにせ、「道」と言えば「登り」か「下り」しかない土地柄だったし…けど、これだけ坂がない土地だと、自転車はとても便利だ。

 便利かもしれないが、車を運転してると、この自転車が危なくてしょうがない。
 交差点を左折しようとすると、後方の死角から「すいっ」といきなりに現れて、目の前を横断してったり、路地からいきなり飛び出してきたり、しかも、直進しようとしてるこちらの車と同じ方向に曲がろうとして、大きく膨らんでくれたり…

 ここに住み始めて1年とちょいの間に、そんな自転車をひっかけそうに、あるいは轢きかけたことが、3度ほどもあった。
 ここで運転するときは、自転車の動きに、常に注意はらってないと危ないぞ、とそのたび自戒するのだが、しかし、自転車の側も、せめて最低限「信号」と「一時停止」の標識だけは、守っていただきたい!と思うのでありました。

上に戻る トップページに戻る

2013年2月21日(木)

 別冊さかむけ本通り「怒涛の読破録 先月これだけ読みました VOL.112 2013年正月の読書や遭難や滑り止めやら…の巻」本日更新。
 今月の読破人は、小牧さん、法螺さん、えいみさん、そして、わし、からす。

 この「怒涛の読破録」、ふと気がついたら、もう十年以上も続けてました。
 毎月毎月、読んだ本を書き込んでくれた皆様に感謝。

 ここから過去のリンクが辿れるので、書き込みしてくださった方は、十年の軌跡を辿ってみるのも一興かも。

 上の「風景」も3月用に模様替え…っても、あまり春らしい風景ではなく、妙に寒そうだが、久しぶりの「神戸」であります。

 神戸といえば、「モーニング」連載の漫画「mmfa」(ひなきみわ)に、「神戸人は横浜に対抗意識が強い」とあって、「そうや、そうや!」と思わず手を叩いた。

 神戸と横浜、街の成立の仕方や成り立ちが、すごくよく似てるのよね。
 どう似てるかというと…

 どちらも、幕末の開港によって開けた新しい街と、近世以前からあった古い町が、町の拡大によって合体し、現在の市域を構成している。

 その「古い町」の名前が県名に採用されていて、なおかつ、区名のひとつにもなっている。(神奈川県横浜市神奈川区、兵庫県神戸市兵庫区)

 市域が旧・二カ国にまたがっている。

 東京、大阪から双方とも電車で約30分の距離で、郊外は東京、大阪の衛星都市的性格を担っている。

 …のように「似てる」のだが、横浜は知らず、確かに神戸人は、無意識に横浜に対して対抗意識を持ってるのは、確かだ。

 わし、初めて横浜へ行って、伊勢崎町や元町を見たとき、ほとんど無意識のうちに「勝った!」と、内心でほくそえんだ記憶がある。
 その後中華街へ行ったら、ここでは「負けた!」と思ったけど。

 それから十年ほどして、神戸に来た横浜人から、「初めて来たけど、横浜、完全に負けてますね」と聞かされたときには、「そうやろ、そうやろ」と頷いたものです。

 これは贔屓目かもしれないのだが、どうにも横浜は、東京への「従属性」が、神戸の大阪に対するそれよりも強く、神戸の方により「独立性」が高いと感じて、わしも、横浜のその彼も「神戸の勝ち」と判定を下したのでは、なかろうか。

 しかしそれは、大阪に比べて、東京のほうがそのパワーがはるかに巨大であるせいだ、とも言えるんだがね。


上に戻る トップページに戻る

2013年3月10日(日)

 若干間が空いて」しまって、やや久しぶりの更新。
 告知板には京都・トランスポップの今月のイベント「菅野修マンガデビュー40周年記念原画展」 のお知らせを。
 すでにもう開催中。3月7日から24日まで。

 トランスポップでは、先月は「ひさうちみちお展」をやってたんだけど、うっかりと告知を忘れておりました。
 すまん。

 こないだまで寒さに震えていたのに、先週末からいきなりに暖かくなって、昨日の土曜日などはもはや暑いくらい。
 兵庫県北部の豊岡なんて、昨日の最高気温は「26度」だったそうだ。もはや真夏並み。

 豊岡あたり、あれは「フェーン現象」というのだっけか?
 冬は雪が凄いわ、夏はクソ暑いわで、まさに「踏んだり蹴ったり」な感があるのだが、城崎温泉もあり、出石の「皿そば」はおいしいし、いい町です、豊岡は。

 「三寒四温」とはいうけれど、あんまり極端なのは、やめていただきたい、と思う今日この頃。
 おまけに、花粉と同時に中国からなにやらワケのわからんものが、黄砂と一緒に飛来するというし…

 高度成長期の日本も、ばい煙排気ガス排水廃液、ほぼ垂れ流しにて、ただいまの中国をとやかく言うのも「いかがか?」とは思うが、日本の場合は、まさに「極東」、日本以東には太平洋しかなかったので、他の国に迷惑を及ぼすてことがなかったのは、幸運…だったのかな?


上に戻る トップページに戻る

2013年3月17日(日)

 中野りうしクンのカフェ「ぴらにやカフェ」が、またもや引っ越した。
 初代ぴらにやから数えて2度目の引っ越し。
 今度の場所は、春日野道の商店街のど真ん中、しかも今度は「一階」。通りからそのまま、階段昇らず入れるし、アーケードの商店街の中だから、「どこだろう?」と路地をウロウロする心配もなし、阪神春日野道からだと、駅の出口からそのままアーケードに入れるので、雨の日も濡れる心配がない!という、素晴らしい立地だ。

 「ぴらにやカフェ」は、初代、二代目、そして今回の三代目と、店を移転するたび、スペースも大きくなっている、ちおいう出世魚みたいなお店でも、あるのだった。

 実は、その新「ぴらにやカフェ」の場所は、かつて、わしんちの親戚が洋品店を営んでいた場所の、ちょうど真向いにあたる場所でも、あるのだった。
 わしんちの親戚のお店は、30と数年前に裏のアパートから出た火事で焼け出されて、それを機会に商売やめて引っ越したのだけどね。

 その昔、わしがまだ子供のころ…6、7歳ころだっけか…なんの用事だったか忘れたが、父親と二人、夜の8時頃に、ここを訊ねたことがあった。
 阪神電車を地下の春日野道駅(まだこんな駅だったころだ)で降り、商店街に入るには地下道を北側に出ないといけないところを、親父は、なぜか間違って南側に出てしまったのだった。

 で、地下道を戻ればいいものを、ナニを思ったか親父は、「あ、しもた、間違えた!」と、目の前の阪神国道を、ひょいひょいと走って向こう側に渡ろうとしたのだ。
 今もそうだが、阪神国道は、当時も上下10車線、しかも夜だ。
 ビュンビュン走ってくる車をかわしながら、走っていく親父を、約1秒間呆然と見送っていたのだが、すぐに、このまま置いて行かれたら大変だ!と気づいて、慌てて後を追った。
 もう必死だった。

 なんとか向こう岸には渡れたのだが、恐怖で顔をひきつらせたわしを尻目に、親父は「ほな、行こか」と、すたすたと歩き出す。

 子供心に、この親父はナニを考えとんのや…と思った夜の阪神国道なのだった。


上に戻る トップページに戻る

2013年3月24日(日)

 別冊さかむけ本通り「怒涛の読破録 先月これだけ読みましたVOL.123 2013年2月の読書やインフルエンザや第一志望やら…の巻」は、本日めでたく更新。
 今月の読破人は、小牧さん、えいみさんとわし、の3名。

 このところ、先日から一転してのぽかぽか陽気にて、桜も一斉に開花が始まったので、「風景」も、寒々しい景色から一転してみました。
 上の須磨浦公園でこの写真を撮ったのは、2年前の春、なのだけどね。

 本日さきほど、近所の新川を通りかかると、まだちらほらと咲き始めたばかりの桜の枝に、何十羽もの雀が鈴なりにとまって、しきりに鳴き交わしていたのだった。

 先日の朝、甲子園球場の前を通りかかったら、なんだ人がたくさんいて、球場の中からもなにやら音楽が聞こえてきて、朝っぱらからナニやってんだろう?と思ったら、選抜高校野球の開会式なのだった。

 季節は、いつの間にやら近づいてきて、脇をするりとすり抜けていくのですね。

 そういえば今年は、「春」がなくて、いきなり「初夏」に突入する、とも言われているけど、果たして、今年の夏はできれば「猛暑」は、やって来ていただきたくないな、と思いながら、球場の喧騒をあとにしたのだった。


上に戻る トップページに戻る

2013年3月30日(土)

 このページの右上に、「今月の花」という窓があるのを、すっかり忘れていた。
 ふと気づくと、去年の秋の「もみじ」のままだったので、ここを改定。
 「ユスラウメ」であります。
 近所の川っ端に咲いていたのだが、桜かな?とも思えるが、しかし、それにしては樹が「灌木」っぽくて、そーいえば、去年の初夏には、真っ赤なルビーのような実をつけていた、と思い出し、調べてみたら「ユスラウメ」なのだった。

 なんのこたない、昔、子供のころに近所の家の庭にあって、実がなるたびに「サクランボ、サクランボ!」と嬉しがって食っていた実が、それなのだった。

 わしら、そのころには、「サクランボ」てのは、「これだ」と思い込んでいましたもの。

 甲子園球場まわりの桜も、間もなく満開を迎えようとしている。
 今年は、タイガースが甲子園に戻ってくるころには、もう散り始めてんじゃないか、という気配。

 にしても、その阪神タイガース、今年のチームは、もうまるきり去年のチームとは「別物」の気配なのだが、開幕戦大勝、2戦目は「1-0」の完封負け……

 明日は、どっちだ!?
 ……てか、開幕3戦目に、いきなり高卒ルーキーの先発って…大丈夫なのか?おい!

 高卒ルーキーを「潰す」にかけては、過去何度も先例を見てきた、そのタイガースだぞ。

 嗚呼、今年もまた、「ヤキモキ」の季節が、これから何か月も続くのであった…

上に戻る トップページに戻る


2013年4月12日(金)

 もうすっかり春……と油断してたら、昨日今日など、冷たい風がぴゅーぴゅー吹いて、震えあがっております。
 桜もすっかり散ってしまったというのに……

 先日、大阪からの帰り、甲子園まで乗り越して、TSUTAYAに寄って、さて電車で帰ろうとしたら……球場方面から、「どーっ」と人波が。
 時刻は、まだ9時前、「ま、まさか…」と思ったのだが、試合が終了して、その帰りの人波なのだった。

 駅に向かう人々の顔の、そのほとんどが笑顔だったので、「ああ、勝ったんだな」と思ったが、電車はメチャ混み になるのは必然なので、、歩いて帰ることにした。

 果たせるかな、球場前にさしかかると、「六甲おろし」が」聞こえてきた。

 「おう!おう!おう!おう!」と、球場内のスピーカーから聞こえる音楽に合わせて、拳を夜空に突き上げながら歩いた、春の夜なのだった。

上に戻る トップページに戻る

2013年4月21日(日)

 そーなのだ。
 春だ、春だと油断してたら、またまたいきなりに寒波がやってきて…とゆーのは、先週も書いたっけ…

 本日日曜日も、かなり寒い。
 東北や北陸方面では、雪も降るとの天気予報。
 またぞろ冬物を引っ張り出しては羽織っております。

 花の方では、確実に季節は進んでいて、右上のユスラウメなど、とっくに花を落として、実をつける準備に入っております。

 我がタイガースも、貧打は去年同様の青息吐息ながらも、投手陣の踏ん張りで、なんとかこらえております。

 「昔の名前で出ています」の安藤、福原に、久保を加えた新リリーフ陣「AFK」も、「どないなるんや…」との心配をヨソに、今のところは、なんとか機能しているようではあるが…
 Kはともかく、AとFはかなりのロートル、夏場がどうなることやら…

 葉桜の甲子園、本日もこれから「どっ」と人が押し寄せてくる日曜日なのだった。


上に戻る トップページに戻る

2013年4月28日(日)

 別冊さかむけ本通り「怒涛の読破録 先月これだけ読みました VOL.124 2013年3月の読書や見做さない山とか…の巻」、本日ようやく更新。
 読破人は、小牧さん、えいみさん、みなみさん、わし、です。
 みなみさんは、お久しぶりの登場。

 なんだかんだで、もう5月ですよ。
 で、上の「風景」も模様替え。

 所要で訪れた、京都の花園大学の近所で見つけた風景。
 取り壊しの準備らしく、家財が放り出された左の家と、右の家の前の、枝をチョンチョンにちょん切られても、幹から花を出している桜の対比が、「なんともいいなあ…」と思ったのだけど……どーでしょうか?

 今年度からは日曜日も出勤になったので、浮かれる世間を横目に、わしはこれから出かけるGW初日の本日なのでした。


上に戻る トップページに戻る

2013年5月4日(土)

 告知板に京都・トランスポップの今月のイベント「かせきさいだぁ個展『ハグトンPARTY』」のお知らせをアップ。
 もう始まっていて、2日から26日まで。

 連休さなか、イベントも各地で目白押しなようで、三木市在住の神戸の歌姫こと詩桃さんからも、

 
5月5日、日曜日、神戸バリットです!!

今回、Ba,に桑名正博さんのデビューバンド「ファニーカンパニー」から辻宗一郎さん!!
Gt,にファンキー健太!!
そしてDr,に「ザ ムーブメンツ&エレキテル1.3」から 福田裕児!!
で一番最後に20:50から出演します!

 というご案内をいただいた。
 残念ながら、わしは行けんので、おお空いてるぞ、という方は、ぜひ、是非、5日は神戸下山手へ。
 くわしくはこちらを。


上に戻る トップページに戻る

2013年5月18日(土)

 
ようやく5月らしい陽気になってきた、と思ったら、もうすぐ梅雨入りなんだそうだ。

 毎年学校で、この映像を学生に見せるのだけど、以前は、「小津へのオマージュまたはパロディ」と説明すると、「あー、ああ」と納得してくれる学生が…全員ではなくとも何人かはいたのだが、最近は、まず「小津安二郎」から説明しないとわかってもらえない。

 …とぶつくさ言いながら、先だって『東京物語』を再見したのだけど、あのゆったりとしたリズム、ローアングルで描写される「日本の家」や街、やはり、いいですね。

 笠智衆の老夫婦が尾道からやってきて最初に世話になる長男一家の住まい、他の小津作品では、大田区や目黒あたりの住宅が多くでてきてた故か、あの家も丸子あたりで、家から見える土手は「多摩川の堤防」と思い込んでいた(「東京の端っこ」とのセリフもあるし)のだが、違っていた。

 あそこは、北千住に近い東武線の堀切で、「土手」は荒川の堤防なんだそうだ。
 執拗に出てくる「煙突」のワケも、ようやくにわかりました、はい。
 「おばけ煙突」だったのですね。
 わしゃ、あの煙突も、蒲田大森あたりの工場の煙突、と思い込んでおりました。

 そーいえば、「土手下の家」も、小津作品にはよく登場しますが、上にリンク張り付けた『毛ぼうし』も、やはり家は土手下にあります。
 岩井俊二、うまい!


上に戻る トップページに戻る

2013年5月25日(土)

 
別冊さかむけ本通りVOL.125 「怒涛の読破録 先月これだけ読みました・2013年4月の読書や満天の星とか弁当とか…の巻」は、本日更新。
 今月の読破人は、みなみさん、小牧さん、えいみさん、それに、わし、です。

 右上の「花」も模様替え。
 4月にアップしたユスラウメに、実がついてこんなになりました。

 で、月末だし、ついでに「風景」も模様替え。
 先日、市川崑監督の「細雪」(1983年)を見直してのち、ふと撮りためた写真の中のこれを思い出したのだった。

 映画「細雪」の中で、次女・幸子が分家を構える芦屋の光景として、上と同じようなアングルで「阪急沿線 芦屋川」と出てくるのが、このあたり。
 実際には、「阪急沿線」というよりも「阪神沿線」なのだけど…

 にしても…前にも言ったかもしれんけど…市川崑版の「細雪」は、傑作です。
 なによりも、その脚色力がすごい。
 原作では10年に及ぶ時間的スパンを、「1年間」に凝縮した手腕といい、原作でも、あるいは過去の映画化あるいは劇化作品でも、「重要なエピソード」として登場する「阪神大水害」のエピソードを「すぱっ」と潔くオミットしてしまったところ…とか、にも増して、原作にはまったく触れられていない、次女の婿・貞之助…ということはつまり、谷崎自身の、三女・雪子への「想い」を、行間からしっかり汲み取って、脚本に仕上げられている。

 これぞ、まさしく「脚色」力、です。


上に戻る トップページに戻る

2013年6月9日(日)

 「今月の風景」に採用している芦屋川は、川の真上にかかる阪神電車の芦屋駅のホームから、ほぼ上と同じような風景が見渡せることができるのだけど、朝の通勤客の中には、ここでいったん降りて、川沿いから六甲山を見上げる光景をホームから眺め、また電車に乗って大阪方面へ向かう、という人が少なからずいるそうだ。

 確かに、妙に心安らぐ風景では、ある。
 確か、阪神芦屋駅は、「近畿の駅100選」にも選ばれてたんじゃなかったかな。

 我が最寄駅・阪神武庫川もまた、「川の上の駅」なのだけど、阪神電車には、このほかにも、「石屋川」とか、夙川の上の「香炉園」、住吉川の「魚崎」等々、「川の上の駅」が、やたらと多い。
 その昔に、既存の町を縫うようにして敷設された阪神電車では、すでにある集落の中に駅を造るには、「川の上」が、一番面倒がなかったから、かな?

 そういえば、「甲子園駅」もまた、ホームの真下を走る道路は、かつては「川」で、その川を埋め立てて建設されたのが、甲子園球場、なのでした。
 あの、球場前にお店がならぶ、道路より一段高くなった松並木の道は、かつての堤防だったのですね。

 そしてまた、本日も、その「元・河川敷」に、まもなくわらわらと人が集まりだす。
 「サンデー藤浪」、本日の調子は、どうでしょうか?


上に戻る トップページに戻る

013年6月15日(土)

 下の写真は、先日、神戸は長田を歩いてる時に、道端で遭遇した光景。



 計5台の自転車が、夏草に今まさに飲み込まれようとしてるとこ。

 ふと、ずっとこのまま、自転車もずっとここにあるままで、草だけじゃなくて木なんかも生えてきて…つか、もう生え始めてんですが、そいで、そのまま木が大きくなって、自転車5台もまるごと、木の幹の中に埋没して、幹が伸びるごと、自転車も持ち上げられて、幹の途中から自転車のタイヤやハンドルやらを突き出した、オブジェのような大木が出現したら、「おもろいやろな…」と、約3.5秒間、妄想に耽ったのでございました。

 実際、木や草の生命力って、ときとして凶暴ですら、あるからね。


上に戻る トップページに戻る

2013年6月23日(日)

 荒井由実の「中央フリーウェイ」という歌の、「調布基地を追い越し…」という部分が、長いことナゾだった。
 「基地」なんて、あの辺ないぞ、と思っていたのだが、先日ふと「東京オリンピック」のことを調べてたら、偶然にも解明してしまった。
 現在の調布飛行場の前身が、オリンピックを機に「ワシントンハイツ」から移転した米軍基地だったそうで、1974年に東京都に変換されたんだそうだ。
 曲が書かれたころ(1975年ころ?)には既に返還されてたが、、まだ「基地」という認識だったんでしょうね。

 ついでに言うと、あの歌の中で荒井由実を乗せた車は、甲州街道をまず走って、調布インターから中央道に乗り入れている。
 中央道・調布‐高井戸の開通は、1976年。
 実際、1975年の夏にわしは、三鷹の中原というところに住んでいたSクンの下宿を訪ねたおり、夜中、酔っ払っては、すぐ傍にあった中央道の法面をよじ登ってフェンスを乗り越え、まだ舗装もされてなかった工事中の道路で寝そべっていたもの。

 なので、レコードの発売こそ1976年だが、曲は、ずっと以前に書かれていたこの歌もまた、「調布」から始まっている。
 この歌が、1976年以後に書かれていたなら、「ゴミ工場の煙突を追い越し」で始まっていた…のだろうか?

 首都高速と繋がってないころの中央道は、いまほど交通量はなくて、夜などまさに、「まるで滑走路」だったのだな。

 さらについでながら、「片手で持つハンドル」は「左手」で、「肩を抱いて」る片手は、当然「右手」である。
 左手で「肩を抱く」のは、不自然だしね。

 乗ってる車は、アメ車のでかいやつ…キャデラックかなんか、こんな車で、しかもオープンカーだったはずだ。
 スカイラインとかサニーとか、ましてカローラでは、この場合、全く「絵にならない」し、ンな車には、死んでも乗らない……のは、なにせ、この車を運転してんのは、後に趣味が高じて「カーグラTV」なんて番組もやってた「松任谷正隆」なのだし…
  シートはべンチシート、シフトは当然、オートマチック。バケットシートにマニュアルシフトでは、忙しくておちおち「肩を抱いて」られない。

 しかし後年、初めて中央道を走ったおり、「右に見える競馬場、左はビール工場」という「実物」に出くわしたときには、少し、感激しました。はい。


上に戻る トップページに戻る

2013年6月30日(日)

 月末恒例、「怒涛の読破録 先月これだけ読みました VOL.126 2013年5月並びに2、3、4月の読書やハードルとか…の巻」本日更新。
 読破人は、法螺さん、小牧さん、みなみさん、えいみさん、と、わし。

 あれは、5月の頃だっけか、甲子園駅前のTSUTAYAに寄って、ついでにダイエーで買い物済ますと、ちょうど試合が終わったところか、球場から駅へ向かう人波に出くわして、これじゃ電車は混みそうだし、と歩いて帰ることにしたのだった。

 43号の高架くぐって球場にさしかかると、中から「がおーっ」の雄叫びとともに「六甲おろし」が聞こえてきて、「おお、今日は勝ったのか」と、にわかにうれしくもなったりして、曲に合わせてときどき腕を突き上げながら、夕暮れの鳴尾銀座商店街を西にたどったのだった。

 しかし、東京から神戸へ引っ越してきたのが25年前、あのころには、まさかこの球場の近くに住むことになろうとは、夢にも思わなかった。

 というわけで…でもないのだが、「今月の風景」は、その甲子園球場。
 なのだけど、「ZETT」の広告看板の横に翻る朝日新聞社旗でわかるように、写真を撮ったのは、実は去年の8月なのだった。


上に戻る トップページに戻る

2013年7月7日(日)

 こないだテレビで、自転車の交通取り締まりを「厳しくすることにした」というニュースを見た。
 ことに大阪市内で、自転車の無法ぶりが、「目に余る」から、なんだそうだ。

 確かに、大阪の自転車は、危ない。
 わしゃ以前、心斎橋で、ブレーキのついてない競技用自転車で、人込みを縫うように、猛スピードで駆け抜けるヤツを見かけたことがある。
 大阪ではことにミナミ界隈に、「無法自転車」が多いみたいだ。

 ところで、上記のニュースで、自転車も、原則的には「一方通行」を順守「しなければならない」と言っていたのだが…知らなかった…
 免許取って何十年にもなるのだが、知らなかった…そうだったのか…

 考えてみれば、自転車も交通法規上は「車両」なのだから、当たり前といえば当たり前…だが、一方通行を守っている自転車、なんて見たことないぞ。
 これからは、これも取締りの対象になるのだろうか?

 一方通行はともかく、西宮も自転車が多くて、この自転車の皆さんには、せめて、せめて「信号」と「一時停止」は、絶対に「守っていただきたい!」と、切実にお願いしたい。
 クルマ運転してると、ほんと、危なくってしょうがないの…
 頼むわ…実際。


上に戻る トップページに戻る

2013年7月19日(金)

 もう始まってんだが、告知板に京都・トランスポップの今月のイベント、「トランスポップギャラリーセレクトグループ展 『AX/MEN』」のお知らせをアップ。
 7月28日(日)までだ。

 先週のことなのだが、夜、北側の部屋で窓を開けっ放して仕事してたら、いきなりに、「ガオーッ!」という雄叫びとともに、「六甲おろし」の大合唱が聞こえてきた。
 「およ?」と思って、仕事してたパソコンをネットにつないで速報を見ると、阪神が横浜を3-2で下していたのだった。

 外にいるとき…それももっと球場寄りの鳴尾駅あたりで「聞こえてきた」という経験は、何度かあったのだけど、部屋にいて、甲子園の「六甲おろし」が聞こえてきたのは、初めてだった。
 風向きとかもあるんだろうな。

 その翌日も同じ部屋で仕事してたのだけど、窓の外からはついになにも聞こえてこなかった…と思ったら、案の定完封負けしてたのだった。

 うちから甲子園球場までは、約1.5キロ、歩くと15分ほどの距離だ。
 佐藤愛子『血脈』によると、戦前、この町内に住んでいた佐藤紅緑は、夏になると、甲子園球場から響いてくる中等学校野球の歓声が「うるさくてたまらん」とこぼしていたそうなのだが、そのころは、今のように建て込んでもなくて、球場からここまでの間には、ほぼ畑しかなかったろうから、もっとダイレクトに届いていたんでしょうね。

 シカゴの女探偵・V.I.ウォシャオスキーは、リグレーフィールドを見下ろすアパートに住んで、試合のある日には窓からの観戦を楽しんでいた。

 一度、甲子園の周辺で、ウォシャオスキー的マンションが「あるかな?」と、興味本位でぐるりを歩いてみたことがあるのだが、「日本のリグレー」周辺には、そのようなマンションあるいはアパートは、ないようだった。
 「ららぽーと甲子園」のビルが、二階建てじゃなくて六階くらいまであると、屋上から見渡せるかな?とも思えるのだが、スコアボードが邪魔になりそうな気もする。

 上の写真で、「わかさ生活」の広告の向かい側あたりに、甲子園筋挟んでマンションが建つと、球場の中、フィールドまで見渡せる立地になると思えるのだが…たぶん、建たないだろう。

 まあ、リグレーは、とても特殊な球場で、周辺のビルやアパートが、屋上に私設で観覧席を設けて金取ってるそうだが、広島のマツダスタジアムは、隙間の多い構造がリグレーに似てるから、探せば「ある」ような気もする。
 あそこ、新幹線から見ると、実によくフィールドまで見渡せるから。


上に戻る トップページに戻る

2013年7月27日(土)

 別冊さかむけ本通り7月号「怒涛の読破録 先月これだけ読みました VOL.127 2013年6月・5月の読書や九回忌とかはずした全国大会とか…の巻」は、本日更新。
 読破人は、みなみさん、小牧さん、法螺さん、えいみさんと、わし。

 もう来週は8月なので、トップページも模様替え。
 チョウセンアサガオ(って、「本名」なのか?)は、いかにも「夏の花」ですね。

 「風景」も、夏らしく「川」…なのだけど、実はこの写真は真冬に撮ったのだけどね。
 写真を撮った場所は、あの、1985年に、次々と人が飛び込んでいた、あの橋の上からだ。

 思えばあの光景は、「レミングの行進」を思わせる光景でしたね。

 あのとき、飛び込む人たちと一緒に川へ放り込まれた「カーネル・サンダース」が、20と何年ぶりかで川底から「救出」されたのは、数年前のことだった。

 ヘドロに汚れ、片手がもがれたカーネル・サンダースは今、ケンタッキーフライドチキン甲子園駅前店で、ガラスケースに収まって、自分を川に放り込んだ阪神ファンたちを、静かに見下ろしている。


上に戻る トップページに戻る

2013年8月4日(日)

 掲示板にも書いたけど、京都、上七軒の「歌舞練場」庭園をビアガーデンに仕立てた、というところへ行ってきた。
 毎日交代制にて、各日6人の舞妓さん芸妓さんが当番で、各席を回って接待してくれるのだった。

 入れ替わり立ち代わり、やってきてくれる舞妓さん芸妓さんに、根ほり葉ほりイロイロと訊いてしまったのだった。

 訊いてみると、「やっぱり」と思ったのだが、京都出身の人は一人もいなくて、皆が皆、地方出身。
 中でも、広島出身の舞妓さんは、「言葉」に当初、すごく苦労したそうです。
 もう一人の舞妓さんは、「奈良の学園前の出身どす」と、あっけらかんと笑って答えてくれました。

 年齢を訊くと、この日の当番の舞妓さん二人はともに「二十歳」で、まもなく「襟替え」とのことだった。
 同期の舞妓さんは、当初は「12人」だったそうなのだが、今や残っているのは「6人」だとも。
 厳しいんでしょうね…

 「上七軒」は、祇園や先斗町と違って、一時は衰退していた花街なので、「男衆」というのが今はいなくて、着物の着付けは「お姉さんが、よいしょ、よいしょ、て力いっぱいやってくれはります」とのことだった。

 ちょっとびっくりしたのが、一緒に行ったメンバーの持ってたアイポッドに、舞妓さんの一人が、異常に関心示したこと。
 「お稽古」に、スマホを駆使してるらしいのだが、電池の消耗が激しくて、「それ、今、凄ォ欲しおすねん!」とのことだった。

 舞妓さんの世界でも、ITは必須なんですね…


上に戻る トップページに戻る

2013年8月9日(金)

■チャイナ・パワー

 つい先日のこと、大阪は環状線の京橋駅から、環状内回り経由大和路快速奈良行き電車に、乗ったのだった。

 車内は、比較的空いていたのだが、どうせすぐ大阪で降りるから…と、ドア脇に立っていたところ、ドアが閉まりかける寸前、ホームを駆けてきた21,2に見えるミニスカートの若い女が、その閉まりかけたドアを、「はっし!」と腰と手で押さえ、「オーサカ・ステーション、ディス・トレイン、OK?」と、ドア脇のわしを睨み据えて訊くのだった。

 思わず、やや上ずった声で、「オ…オーケー…ディス・トレイン、OK…」とわしが答えるや、その彼女が、「来了!」とホームに向かって叫び、彼女の連れらしい3人の女子が、再び空いたドアから駆け込んできた。

 ドアを抑えていた彼女は、「アリガト」とわしに笑顔を向けた後、連れの3人が占拠した4人掛けのボックス席に向かったのだった。

 再びドアを閉めた電車が動き出すと早速に、「駆け込み乗車は危険ですので、おやめください」とのアナウンスがあったのだが、その駆け込み乗車の4人は、中国語のガイドブックを囲んでは、なにやら相談に余念がなくて、車掌の苦言は、そもそも日本語はわからんだろうし、おそらくこの4人には「届いてないな」と思うと、なんだか痛快でもあった。

 わしも、大阪駅で降りたのだが、改札へ向かうわしを追い越しざま、ドアを押さえていたあの彼女がまたもや、わしに「アリガト」と笑いかけると、仲間の3人と一緒に、京都線のホームに駆け上がって行ったのだった。


上に戻る トップページに戻る トップページに戻る

2013年8月18日(日)

■地獄サイクリング

 つい先日のこと、京都で用事があってその帰り、ふと思いついて京阪電車に乗った。
 降りたのは、「八幡市」駅。

 以前、やはり京都からの帰りに、この近くにある有名な「流れ橋」を見に行ったところが、折からの台風で流されてしまっていて、ふとその日、リベンジを試みたのである。

 以前に行ったときには、駅前からバスに乗ったのだが、今回もバスで行こうとしたら、駅前の「観光案内所」に、「レンタサイクル」との看板を見つけた。
 訊いてみると、「保証金・1000円」也を置いて自転車借りると、自転車を返却したときにはその1000円が「返してもらえる」とのこと。
 「こりゃいいや」と、早速借りることにした。

 自転車を駆って、京阪の踏切を渡り、桂・宇治・木津川が合流して淀川となる「三川合流地」を左に見ながら、サイクリングロードになっている木津川堤防上を、ひたすら上流に向かって走る。

 …とすぐに、自転車で来たことを、激しく後悔する。
 バスで行ったときには、「すぐ」と思えたそこが、存外遠い…
 しかもこの日は「最高気温37℃」という、その真昼間…
 堤防上の道には、日蔭もなく、暑い…暑い…ペダルをこぐ足が重い…

 じ、自転車って、こんなにしんどかったっけ…と、そもそも「自転車に乗る」のが10と数年ぶりだったことを、改めて思い知る。

 で、走ること約30分強…



 茶畑の向こうに、長~~い木の橋が、ようやくに見えて、「つ、着いた…」と、へたり込む。



 堤防を降りて近くへ行くと、結構な人通りがある橋だ。
 こんな橋だが、本来は「府道」であって、対岸の久御山町とこちら側の八幡市を結ぶ、生活道路でもあるそうだ。

 「自転車・バイクは降りて押してください」との注意書きが橋のたもとにあるのだが、みんな、平気で乗ったまま、「どこどこ」と橋板を鳴らして走ってる…

 わしも、ここまで来たんだから、いっちょ対岸まで渡るか…と歩き出したのだが、半分も行かないとこでリタイヤ…
 長い…すげー長いんだもん、この橋。
 向こう岸まで行っても、どうせ引き返してくるだけだし…

 堤防上のサイクリングロードは懲りたので、帰りは、一般道を、車にあおられたりもしつつ、日蔭を選って駅まで戻る。
 せっかく自転車借りたから、他もちょいとぶらぶらしてみるか…と当初は思っていたのだが、もはやそんな元気はなし。

 自転車を返した後、駅のすぐそばの、石清水八幡宮参道にあった和菓子屋さんの茶房に、「かき氷」の旗が揺れてたので、「氷…氷…」と、うわ言のように呟きながら、宇治金時を注文。
 やってきたそれを、「がががが…」と掻きこんだら…その数分後に、テキメンに…

 腹を下したのだった…

 「流れ橋」自体は、時代劇の撮影地というだけあって、なかなか風情があり、この八幡市には、その他いろいろと見どころがある…とは、観光案内所で聞いたのだが、行くのなら、春か秋を推奨します、わしとしては。


上に戻る トップページに戻る

2013年8月25日(日)

 兵庫県阪神地方は、本日「大雨洪水警報」なのだった。
 おかげで、毎週日曜日の学校は「休講」になってしまった。

 先日まで、カンカンの晴れ続きで、連日の「猛暑日」が続いていたのが、ようやく一息…なのだが、も少し加減してくれてもいいんじゃないか、とも思う。

 武庫川の堤防は、大丈夫だろうな…?
 あれが決壊すると、うちなんかひとたまりもありません。

 昔、子供のころに、実家で「床下浸水(一部床上)」という被害にあったことがあるのだが、あの時はまだ子供だったので、畳を上げた座敷で、床板をめくってみると床下は一面の水で、「おおおお!」と、なんだか楽しかった思い出があるのだが、大人にしてみりゃ、「楽しい」どころではなかったな、と今になっては思う。

 …と書いてる間に、雨は次第に小降りになってきたようだ。

 さてそれでは、夕食の買い物にでも、行きますか。


上に戻る トップページに戻る

2013年8月25日(日)

 兵庫県阪神地方は、本日「大雨洪水警報」なのだった。
 おかげで、毎週日曜日の学校は「休講」になってしまった。

 先日まで、カンカンの晴れ続きで、連日の「猛暑日」が続いていたのが、ようやく一息…なのだが、も少し加減してくれてもいいんじゃないか、とも思う。

 武庫川の堤防は、大丈夫だろうな…?
 あれが決壊すると、うちなんかひとたまりもありません。

 昔、子供のころに、実家で「床下浸水(一部床上)」という被害にあったことがあるのだが、あの時はまだ子供だったので、畳を上げた座敷で、床板をめくってみると床下は一面の水で、「おおおお!」と、なんだか楽しかった思い出があるのだが、大人にしてみりゃ、「楽しい」どころではなかったな、と今になっては思う。

 …と書いてる間に、雨は次第に小降りになってきたようだ。

 さてそれでは、夕食の買い物にでも、行きますか。

上に戻る トップページに戻る

2013年9月1日(日)

 月末恒例…のはずが、9月になってしまった…
 別冊さかむけ本通り8月号「怒涛の読破録・先月これだけ読みました 2013年7月の読書や雷鳥とか県予選とか…の巻」は、本日9月1日更新。
 読破人は、小牧さん、えいみさん、からす、の3人。

 さて、猛暑続きの夏もようやくにおさまって、朝晩はめっきり涼しくなってきた今日この頃、タイガースにも秋風が吹き始めた。

 あの、「鬼門」・ナゴヤドームで3連勝したまでは良かったが、東京ドームで、あろうことか3連敗しやがって、マジック点灯をアシストし、ようやくに戻ってきた甲子園でまた負けて、貯金をバカスカ吐き出している。
 昨日の土曜日(8/31)、藤浪でようやく勝つには勝ったが、貧打は相変わらず…

 高卒新人頼みでどうする…

 この秋には、どういう結果が待ってるんでしょうね。

 「風景」の伏見・中書島は、実は真冬に撮った写真です。

 中書島は、酒処である。
 黄桜酒造の「黄桜カッパカントリー」なんてのもあり、坂本竜馬の常宿だった船宿「寺田屋」も、いまだ現役で営業中なのだった。


上に戻る トップページに戻る

2013年9月8日(日)

 2020年のオリンピックが、東京開催で決定した…と、新聞は号外が出て、テレビも軒並み浮かれ騒いでいるのだが…

 今更、東京でオリンピックをやる意味って…あるのか?
 どうにも、「必然」という点で、以前から疑問なのだった。

 これが、たとえば「仙台」とか、あるいは「福島」で開催する、というのなら、大いに必然性はあると思うのだが、なんで今更にまた「東京」なのだ?
 「二度目」の、その意味と必然は、どこにあるのだ?
 「一極集中」を、ますます助長するだけではないのか?

 招致活動の中で、猪瀬知事は、海外記者の放射能汚染を危惧する質問に対して、「東京は、福島から250キロ以上離れているから安全」と答えていたが、それって、「あちらは関係ありません」と、完全に「被災地」を切り捨てる発言じゃないか。
 福島の原発は、東京に電力を供給してたんだぞ。

 1964年の東京、そして1972年の札幌は、いずれも「アジア初」ということで、大いに意義があったと思うのだが、1998年の「長野」は、バブル経済の勢いを駆って、西武と国土グループが引っ張ってきた大会だったし、今回もなあ…

 いっそのこと、東京湾岸の、オリンピック施設近くに原発をぶっ建てて、オリンピック施設の電力を賄い、原発の安全性をアピールする大会にしては、どうだ?


上に戻る トップページに戻る

2013年9月15日(日)

 市川崑・監督『東京オリンピック』は、初めて家族全員で映画館へ出かけて見た映画だった。
 新開地の映画館でこれを見た後、春陽軒で中華料理を食べ、湊川温泉に入って帰った。
 小学5年生のときだった。

 いつだか、この全編がユーチューブにアップされてたので、改めて見てみたのだけど、オリンピックの記録映画だというのに、開会式がなかなか始まらなくて、オープニングから延々と、東京の街の「改造」風景が続くのであった。

 改めて見てみると、この映画は、オープニングのっけに、クレーンにつられたバカでかい鉄球が、「どか~~ん!」と古いビルを破壊する映像から始まるのである。
 「破壊」から始まるオリンピック・・・これは、かなりの衝撃ですよ、実際。

 そーいえば、東京で勤めていた会社は、駒沢のオリンピック公園のすぐそばだったのだけど、この公園を貫く競技場へのアクセス道路「駒沢通り」は、公園の前こそ上下4車線の立派な道路なのだけど、その前後は、いきなりに狭くなって、上下2車線…なので、いつも渋滞が慢性化していた道路でもあった。

 「1964年」を目標に、東京・・・だけじゃなくて、日本中は、大改造がなされたのだった。
 東海道新幹線は、オリンピック開幕のわずか9日前に、ようやく開通した。
 名神高速も、ようやくに部分開通にこぎつけた。
 首都高速も、とりあえずは都心部にだけは開通した。

 で、間に合わなかったところは、「とりあえず」、見えるところだけを取り繕って、なんとか開幕にこぎつけて、「♪オリンピックの顔と顔・・・(by三波春夫)」と、オリンピックは始まったのだった。(で、その後「そのまま」になってしまったのが、駒沢通だ)

 オリンピックが始まるや・・・というか、その始まる直前から、神戸では、湊川トンネルの歩道の両側に毎日朝から晩まで「ずら~~~~」と端から端まで並んでいた「乞食」が、一人もいなくなった。
 商店街をアコーディオン弾きながら流していた「傷痍軍人」もいなくなった。

 オリンピックは「大事件」で、国を挙げて盛り上げなければいけない「お祭り」だった。
 なので、オリンピック期間中、小学校は午前中の短縮授業で切り上げて、「帰ってテレビでオリンピックを見なさい」と指導された。

 午前中で終わった学校に居残って、校庭で遊んでたら、職員室から出てきた先生に、「早く帰ってオリンピックを見なさい!」と怒られた。

 さて、2020年は、どんな顛末に、なるんでしょうね?

 以前、ユーチューブに分割で全編アップされていた市川崑の「東京オリンピック」、さっき探したら、もうありませんでした。
 ので、よろしかったら、代わりにこれをご覧ください。


上に戻る トップページに戻る

2013年9月22日(日)

 「童謡『小さい秋』の歌いだしは?」
 というのは、その昔「クイズ・タイムショック」の定番・・・とは言わないか・・・名物問題であった。

 たいていの人が、「♪小さい秋、小さい秋、小さい秋みつけた・・・」と答えてしまうのだが、正解は「誰かさんが誰かさんが誰かさんがみつけた」なのだった。

 しかし、この「小さい秋」を作詞したサトー・ハチローという人は、その繊細で抒情的な作品とは正反対に、人格はヤタケタな人だったらしいのは、佐藤愛子の著作に詳しいのだが、作品世界と人格が乖離してる、というのは、珍しいことじゃない・・・というよりか、それが当たり前なのかもしれませんね。

 石川啄木しかり、中原中也しかり、太宰治しかり・・・

 先日、萩原葉子の『父・萩原朔太郎』を読み、その後に映画『アマデウス』を再見して、ふと、そんな思いが胸をかすめたのであった。


上に戻る トップページに戻る

2013年10月4日(土)

 なかなか更新できなかった・・・のは、9月から臨時の仕事が入って、ここんとこ「月月火水木金金」状態になってしまったから。
 以前は、月曜日だけが休みだったのだが、今度はそれもなくなってしまった・・・大丈夫か?わし・・・

 で、「別冊さかむけ本通り 怒涛の読破録・先月これだけ読みました VOL.129 2013年8月の読書やヘルメットとか・・・の巻」も、本日ようやくに更新、なのだった。
 8月の読破人は、小牧さんとわし、のみだ。
 ちょっと、さみしい。

 ようやくに秋も深まりつつある昨今、我が阪神タイガースもまたようやくに、かなりモタモタしつつ2位を確定し、CS進出を決めた。
 まあ、初めて甲子園でCSが開催できるのは喜ばしいことではある・・・のだが、本音を申せば、3位の広島が日本シリーズに進出するとなると、「おもろいな」と「ウヒヒ」笑いを禁じ得ない昨今、でもあるのだった


上に戻る トップページに戻る

2013年10月11日(金)


 まずはお詫びと訂正なのだった。
 先週アップの「怒涛の読破録」に、えいみさんの読破録が抜けておりました。

 で、「別冊さかむけ本通り 怒涛の読破録・先月これだけ読みました VOL.129 2013年8月の読書やヘルメットとか4㍑焼酎とか・・・の巻」とタイトルも改めまして、本日再アップ。
 えいみさん、ごめんなさい。
 深謝、深謝。

 「4㍑焼酎」は、我が家でもこの時期、毎年購入いたします。
 うちは「甲類」なのだけど、恒例の「花梨酒」を作るため。

 今年は、天候が不順だったので、どれほど成ってるか心配なのだが、さりとて引っ越してきてからは、おいそれと出来具合を見に行くもままならず、来週あたり、「月月火水木金金」の合間を縫って、採りにいこうかとカクサクしている今日この頃なのだった。

 「採りに」というか・・・要するにドロボーしに、ってことなのだがね。


上に戻る トップページに戻る

2013年10月20日(日)

 次から次へと台風が襲来するうち、なにやら肌寒くもなってきた今日この頃。
 慌てて冬着を出しました。

 知らなかったのだが、何年か前から、JRの姫路駅が、外国人旅行者の間で、ひそかな「観光スポット」になってるんだそうだ。
 なんでも、「時速300キロ」で通過する列車が間近に、しかも頻繁に見られる、これが「日本でしか見られない」光景、ということで、このためにだけ、わざわざ姫路駅の新幹線ホームに行く人たちもいるそうな。

 そーいえば、昔、西区に住んでいたころ、犬の散歩コースのひとつに、新幹線の線路際があったのだが、道路と金網で仕切られただけの線路を、轟音立てて列車が通過するたび、犬は「ひゃいん!」と悲鳴を上げながら腰を抜かしておりました。
 あそこは、新神戸-西明石間だったから、「300キロ」は出てなかったと思うのだが・・・

 つれづれなるままに、そんなこんなの動画を渉猟していたら、こんなワンコとオウムの連係プレーもあった。
 なかなかに、なごみますね。


上に戻る トップページに戻る

2013年11月2日(土)

 またもや月遅れになってしまった「別冊さかむけ本通り 怒涛の読破録VOL.130 2013年9月の読書や女流初段とかさびしい元町商店街とか…の巻」は、本日ようやくアップ。
 読破人は、小牧さん、みなみさん、えいみさんと、わし。

 この読破録、毎月掲示板から拾ってくるのだが、このところ、スパム投稿が多くて、とんでもなく昔の書き込みが次々と浮上してきたりして、やりにくいこと夥しい。
 以前は、英語のスパムばっかだったので、アルファベットに投稿制限かければ対処できたのだが、今度は日本語で来やがる…

 お手上げ状態で11月に突入いたしました。

 困ったもんだとため息つきながら、本日もこれから上の写真の錦小路へ出かけるのだった。
 買い物ではなく、週一のお教室がこの錦小路にあるから。
 ほんと言うと烏丸の駅から烏丸通りを上がった方がずっと近いのだけど、市場を抜けるのが楽しくて、いつも河原町から歩いていくのだった。

 でも土曜日ともなると、観光客が多くて、あるくのにちょっと難儀もするのだけどね。
 土日に運行されてる、阪急のデラックス“快速特急”「京とれいん」に乗れるのも、ちょっと楽しみだったりするのだけどね。
 でもこの電車、乗車券だけで乗れるのはいいのだけど、車内放送が、日本語、英語、中国語と、いちいち三か国語であって、ちょっと「うるさい」のが、やや難点。


上に戻る トップページに戻る

2013年11月10日(日)

 相変わらず、毎日毎日でかけております。
 11月は、6日の水曜日から12月10日火曜日まで休みなし。
 しかも、毎日行先が変わるので、時々などどこへ行くのか失念して、反対方向の電車に乗ってたり、なんてボケもかましながら、過ごしております。

 昨日は、京都でした。
 今日は、えーと・・・神戸です。

 昨日の京都では、少し早く着いたので、寺町から烏丸まで錦を抜けて歩きました。
 人の多いこと・・・
 ここは今や「観光名所」でもあるのですね。
 外人客も散見されます。中国語が飛び交っていました。

 人の間を縫って、後半は、やや焦りながら混雑をかき分けかき分け歩きました。
 ようやく大丸裏に抜けて「ほっ」としてから、どこかで「豆腐だれ」を買おうと思ってたのを失念したのに気づきました。
 もう引き返す気力もなかったです。

 「猫二匹」は、富小路の角にいたのですが、その後収穫は得られたのでしょうか?

 その昨日、「藤井大丸」は、大丸京都店のすぐそばにはあるけれども、「大丸」とは「まるで関係ない」ということを、教わりました。
 知らんかった・・・
 なんか、京都だけにある「大丸の支店のようなモン」と思ってた。

 しかも、京都のデパートとしては、「大丸」よりも「藤井大丸」の方が「古い」てことも、初めて知りました。
 世の中には、知らんことが、まだまだあります。


上に戻る トップページに戻る

2013年11月23日(土)

 上の「一首」は、近畿圏以外の人が「近畿二府四県は?」と尋ねられたときの、おおかたの反応。
 だいたいが、わしら県民ですけど、普段「兵庫県」を意識すること、ほとんどないのが実情。
 なんかの申請用紙なんかで住所に「都道府県」書く欄があると、一瞬「あれ?どこだ?」と躊躇してしまう。

 多分、「県民意識」というのにかけては、日本一薄い県だと思う。
 県民意識は低いが、「地元意識」が人一倍強いのもまた兵庫県。
 姫路あたりには、いまだに「県庁が神戸というのは、まちがっとる!」と憤る老人も多いのだとか。

 と、そんな話をしていたら、「県民性マンガ」というのがある、と某校の学生が教えてくれた。
 全国47都道府県をキャラクター化して、ただいまはかなりの人気だとか。
 かつて、「ヘタリア」という、国を擬人化したマンガがあったが、あれのドメスティック版ですね。

 で、買ってきました。
 飛鳥新社『うちのトコでは』著者は「もぐら」という愛媛県出身の女性。

 もとは、著者のサイトで「四国四兄弟」として、四国各県を擬人化したキャラで展開していたそうなのだが、近隣キャラから次第に地域拡大し、ついに47都道府県の擬人化にまで進んだそうだ。
 サイトから直接書籍化された単行本もかなり売れてるらしく、ジュンク堂では、1,2巻は売り切れで、最新刊の3巻しか買えなかった。

 基本的に各都道府県は一人のキャラに擬人化されているのだが、兵庫県だけは、「5人」のキャラで表現されているのだった。
 「神戸」(女)、「播磨」(男)、「丹波」(男)、「但馬」(男)、「淡路」(女)、という5人。
 上のリンクでも確認できますが、これを見て、「あ、わかってらっしゃる」と思いましたよ、わし。

 が、神戸で生まれ育って一時東京で暮らし現在は西宮在住の立場から言わせていただくと、兵庫県には、この5人に加えて、もう一人「阪神」も加えていただきたかった。

 「阪神」、気質は明らかに違います、神戸とは。
 地域で言うと、芦屋・西宮・尼崎・伊丹・宝塚・川西・猪名川・三田。

 どっちかつーと、神戸よりも大阪を向いてることが多いんだけど、しかし、大阪を見下してる一面もある。
 大阪はもとより、神戸よりさらに「ハイソ」及び「インテリ」意識がある。
 なので、大阪と「ごっちゃ」にされると、むきになって怒るが、神戸と「ごっちゃ」にされても、「まあ、しゃあないか」とさほどは怒らない。
 その大阪が、タイガースを「おらがチーム」扱いすると、顔では笑いながら、腹の中では「違うやろ!アタマに付いてる“阪神”が読めんのかい!」とメラメラ怒りを燃やしている。

 と、こんなキャラで、性別は「男」かな?

 ちなみに、「三田市」は、ただいまは阪神の一部とされているようだが、かつては、「丹有(丹波・有馬郡)」と、丹波と一緒にされておりました。


上に戻る トップページに戻る

2013年12月1日(日)

 またもや翌月にはみ出してやっと更新、「別冊裏町さかむけ本通り 怒涛の読破録・先月これだけ読みました VOL.131 2013年10月の読書やブランド品とかOBとか・・・の巻」、12月1日更新だ。
 読破人は、みなみさん、小牧さん、えいみさんと、わし。

 「じつは読み間違ったことのある漢字ランキング」というのがあるそうで、今回、その栄えある「1位」に選ばれたのが、「貼付」だったそうだ。
 「ちょうふ」と読むのが正しい。
 と言われてみれば確かに「そうだった」と思い出すのだが、わしなんか、ずっと「てんぷ」と読んでしまってたぞ。
 「てんぷ」でも変換してくれるし・・・ほら、「貼付」。

 「間髪を入れず」も、正しくは「カンハツ」なのだが、言われてみればそう習ったような気もするのだが、しかし「カンパツ」で、もうすっかり定着してるじゃん、と横浜弁でツッコミも入れたくなる。
 これなんて、「かんはつ」ではもう、変換してくれないぞ。「かんはつ」「かんはつ」・・・変換しない。
 「間髪」、しました、「かんぱつ」で。

 誤読がそのまま定着するというのは、ままあることで、それが「いかん」というのなら、「新しい」も「あらたしい」に、「山茶花」は「さんざか」に戻さないといけない、という話になってくる。

 なのだけど、以前に勤務していた某校では、教務部長が会議のたびに、「各々」を、「かくかく」と読むのが気になって、それを聞かされるたび、「おのおの」と心でツッコミを入れていたわし、ではあるのですが・・・

 自分が間違う分には寛容なのだが、他人のそれには、厳しいのだな。


上に戻る トップページに戻る

2013年12月17日(火)

 ようやっと時間ができて2週間とちょいぶりの更新作業。
 なんだかこの年末は、やたらと忙しくあわただしい。

 そーなんですよ。もう「年末」なのですね。
 街角にはクリスマスソング・・・なのですよ。

 というわけで、上の「花」も、夏からずっと「ヤマボウシ」だったので、冬らしく「サザンカ」に模様替え。
 近所の公園に咲いてた花だ。

 ところで、この15日に配信された、「書評のメルマガ 12月10日号」に書いたことなのだけど、堺市の抵抗にあって難航している「大坂都構想」、いっそ、「堺都」にしてしまったら、堺も抵抗の根拠がなくなる・・・というのは、我ながら「名案」と思ったのだが、どうでしょうか?

 「大阪」の名前も残したいのなら、かつての「大坂」域、すなわち中央区、西区、浪速区を合わせて「大阪区」とするか、あるいは、中央大通りからふたつに分けて「大阪キタ区」「大阪ミナミ区」とすれば、実際の呼び名とも整合して「いいんじゃないか」と思うのだが、どーでしょうか?

 「浪速」あるいは「難波」、または「大坂(おおざか)」の名前も、区名で復活させてあげれば「なお良い」と思うのだがな。

 大阪の皆さん、いかがでしょうね。

 ところで、その「書評のメルマガ」でも取り上げた「県民性」。
 「兵庫県」は、おそらくは日本一「県民意識」の低い県だと思うのだが、これには「県名」も大きく関係してると思う。
 で、県民が一体感を持てる県名・・・には、どんな県名がいいかな、と考えたのだが、

 「子午線県」

 てのは、どうでしょう。
 「日本標準時子午線」は、兵庫県を構成する五国、淡路・播磨・丹波・但馬あまねくを貫いて、縦断してますからね。(「摂津」は通ってないのだが、神戸市西区にも通ってる、ということで・・・)


上に戻る トップページに戻る

2013年12月22日(日)

 別冊さかむけ本通り「怒涛の読破録 先月これだけ読みました VOL.132 2013年11月の読書やクリスマスのきんぴらごぼうとか・・・の巻」
、いつもよりかは早めに本日更新。
 読破人は、みなみさん、小牧さん、えいみさん、そして、わし。

 「読破録」も、数えて今回で132回。
 2002年からだから、来年は13年目に突入・・・という、「徹子の部屋」状態だ。

 以前に、ここへ書きこんでくれていた皆様も、御息災でお過ごしでしょうか?
 気が向いたら、また報告してくださいませ。


 そんなこんなで騒々しくもあわただしく、またもや年が過ぎてゆくのだけど、来年は、今年よりかはよくなってほしい、と思うのも例年なのだけど、さてさて。

 多分、年末にもう一回更新します。多分。


上に戻る トップページに戻る